日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/04/22[鹿島 1-0 仙台]名誉挽回のワンゴール。自信をとり戻す1-0

拮抗した展開で勝ち切った鹿島。前節の完敗を払しょく

 前節に手痛い敗戦を喫したもの同士の対戦で、連敗を阻止したのは鹿島だった。相手を無失点に抑えつつ“伝家の宝刀”であるセットプレーで逃げ切る。パーフェクトとは言い難い内容だったが「1-0で勝てるチームが強いチーム」(クォン・スンテ)。鹿島加入後初出場の白崎も持ち味を見せ、再攻勢の
きっかけをつかむ勝点3を得た。

 試合は前半から互いの特長がハッキリ出る展開となった。4試合ぶりに土居をトップ下に置いた鹿島は、潤滑油を得たことでここ最近の中では最もパスがつながる展開に持ち込む。安西の推進力を生
かした左からの攻撃で仙台を押し込んだ。

 ただ、仙台もハモン・ロペスとジャーメインに素早くボールを供給するのが狙い。奪ったところからサイドに展開し、鋭いクロスをゴール前に入れることでチャンスを作った。

 前半は仙台が1度、鹿島が2度、相手の守備を完全に崩すチャンスを作ったが、いずれもゴールの
枠を越えてしまった。ボールは鹿島が握るも決め手を欠く中、66分に試合が動く。後半立ち上がりにも永木のCKにヘディングシュートを放っていた犬飼が再び頭を合わせる。ファーから勢いよく飛び込むと永木のボールもピタリ。セットプレーから均衡を破るゴールを奪う。連敗を避けたい仙台は選手交代で流れを変えようとしたが大勢は変わらず、鹿島が1-0で勝点3を手にした。

 前節、FC東京の前に完敗した鹿島にとっては大きな勝利だ。チームをけん引した伊藤は言う。「こういう試合って、0 -0で終了してしまうことが多々ある。そういう意味でもセットプレーでもなんでも1点とれたのはいいこと。チームの地力をつけていくためには、すごくよかったと思う」自信をとり戻す勝点3だった。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.