日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/04/22[名古屋 1-0 磐田]復活の狼煙を上げた名古屋のエース

「思ったようにいったゲームではなかった」。風間監督が試合後の会見で発した最初の言葉が、この試合の名古屋の苦悩を表している。

 ここまでリーグトップの得点数を誇る名古屋。細かな連係を駆使して相手ゴールに迫ってきた。シュート数も2位と攻撃力が自慢である。

 しかしこの日は、守備時は5バック3ボランチ気味に守る相手にペナルティーエリア付近まで迫るものの、ラストパスの精度を欠いてシュートにまで至らず。決定的なシーンを作れずに前半は0-0で折り返した。

 後半に入ると、「プランどおり」と名波監督が言うように磐田がチャンスを作った。速さと強さのある外国籍選手にボールを当てて名古屋ゴールに迫ると、57分には波状攻撃からゴール前で山田がクロスに合わせたが枠を捉えられず、62分のFKからのチャンスはポストとクロスバーに当たり得点できない。

 ピンチのあとにはチャンスあり。名古屋は70分、CKのはね返りを米本が競って、ガブリエル・シャビエルにつなぐと、シャビエルは前線に浮き球のパス。それを相手DFがクリアし損ね、ジョーがGKの動きをよく見てヘディングでループシュート。あきらめずに得点チャンスを待った昨季のJ1得点王が2試合連続のゴールを決めた。

 その後、アディショナルタイムに磐田が決定機。右サイドでDFの裏をとったムサエフがクロスを入れると、フリーでロドリゲスがヘディングシュートを放つ。しかしこのチャンスもクロスバーに当たり、またしても得点とはならなかった。

 この試合の名古屋のシュートは3本だけ。それでもワンチャンスを決め切って、苦しみながらも勝利し、3位に浮上した。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.