日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/04/19[新潟]非公開練習で準備。新たな競争がスタート

 吉永アルビの初陣だ。クラブは14日付けで片渕前監督の解任と吉永新監督の就任を発表した。吉永氏は、昨季まで新潟シンガポール監督として、2季連続で国内全冠制覇した実績をもつ。新潟シンガポール社長でもあり吉永氏の手腕を熟知する是永大輔社長は「選手の個性の見極めとその組み合わせが得意」と評価し、目標とするJ1昇格を託した。

 16日から始まった練習は非公開で行われているため、詳細は不明。ただ11対11では、選手の組み合わせをいくつか試していることを明かしている。

 新たな競争が始まった中、巻き返しのスタート地点となる東京V戦に向け「自分自身も勝ちたい相手」と意気込むのは、古巣対決となる高木だ。今季は守備にもハードワークする“新潟らしさ”を身につけ、開幕戦から先発に定着。持ち前のキープ力と技術も発揮し、1得点2アシストと貢献している。「チームを引っ張らなければいけないという自覚も出てきたし、体現できている」と中心選手になりつつある。

 吉永監督がこだわる立ち位置や動き直しについても「1歩、2歩の動きは、ずっと気をつけてやってきたこと。チーム全体でやれたら大きく変われる」(高木)。新体制でもキーマンとして勝利をけん引する。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.