日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/04/19[川崎F]神奈川ダービーで狙う連勝。湘南の圧力に屈せず主導権をとれるか

 負傷が続出する中、迎えた前節の鳥栖戦は、決してすべてがうまくいった試合ではなかった。特に前半の内容はチームからすれば満足するレベルに達しておらず、改善が必要であることは間違いない。ただ、我慢強い戦いを続けながら後半に得点を奪い、そこから川崎Fらしいパスワークが見られたことはプラス。

「誰が出てもまずは結果を残そうとする。その姿勢がいい方向に出ている」と鬼木監督が言うように、チームは一歩ずつ前に進んでいる。

 金曜日の湘南との神奈川ダービーでは、二つ成し遂げたいことがある。一つは今季初の連勝を手にすること、そしてもう一つはホームで今季リーグ戦初白星を飾ることだ。やはり上位との差を縮めていく、今後のACLを含めた連戦を乗り切るためには、連勝ほど効果的なものはない。さらに言えば、等々力陸上競技場で勝点3を手にすることができれば、何よりもチームに勢いがもたらされるはずだ。多くの選手が口にする「ホームでサポーターを喜ばせたい」という言葉をピッチで完遂させたい。

 その勝利を手にするためには、自分たちのスタイルを前面に出していく必要がある。対戦相手の湘南は異なるスタイルではあるが“自分た 、 ちの戦い方”がハッキリとしているチーム。湘南の人が湧き出てくるようなカウンターには警戒が必要だが、自分たちのベースに攻撃があることも忘れてはいけない。湘南が激しいプレッシャーをかけてこようが、「体をぶつけられないのがウチのスタイル。ボールも体も触らせないぐらいのいいテンポで回すことができればウチのゲームになる」(阿部)。飛んでくるいくつもの矢をすり抜けながら、いい立ち位置をとりつつコンビネーションでゴールに近づいていきたい。

 湘南の圧力に屈せず、個々のバトルにも勝って主導権を握る。そうすることで川崎Fらしく攻撃的に勝利をつかみにいく。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.