日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/04/19[広島]注目は主力二人の状態。ゲームプランは前半無失点&後半勝負

 勝点で並ぶFC東京をEスタに迎える首位攻防戦を控え、広島は試合2日前から練習を非公開にして調整している。それも練習内容を明かさないだけでなくメディアの取材もNGという徹底ぶり。城福監督は基本的には練習を公開する意向をもち、前節は試合前日の練習も公開している。そんな指揮官が情報を遮断したのは、前節欠場のドウグラス・ヴィエイラと柴﨑の出場可否を明かさないためだと考えられる。

 前節、神戸相手に逆転勝利を収めたあと、指揮官は「自分たちはとにかく1試合1試合を、成長曲線を描くためにやっているし、いまのところは順位をまったく意識していない」と語った。そして、「(FC東京は)去年1分1敗の相手。非常に力のあるチームなので、われわれがどこまでやれるのかチャレンジャーのつもりでやる」と冷静に今節を見据えていたが、今節を前にしてナーバスな一面も見せている。

 チームは公式戦7連勝中。第2節から無失点を続けて勝ち進んできた広島は、前節でリーグ戦6試合ぶりの失点を喫したものの、後半に走力で相手を凌駕して3得点を奪う圧巻の反発力を見せた。チームは明らかな成長曲線を描いているが、チームのベースが守備にあることは間違いない。「打ち合いにはしたくなかった。らしくない失点で後手に回ってしまった」(野上)前節の教訓を生かし、ほころびを見せることなく試合を進めていきたい。昨年4月のFC東京との首位攻防戦で開始早々に失点を重ねて黒星を喫したこと。FC東京が前節、鹿島から前半に3得点を奪う爆発力を見せていること。これらの事柄も踏まえ、城福監督は前半を無失点で切り抜けて後半勝負に持ち込むゲームプランを考え、それを実現させる策を練っているはずだ。

 そして、1トップの選択も要注目。パトリックは昨季、FC東京守備陣に封殺されている。ヴィエイラが欠場となれば、渡の1トップ起用も面白いだろう。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.