プレミアリーグプレミアリーグ

19/04/18トッテナムが激戦制してCL準決勝、マンチェスター・Cは4冠&欧州制覇の夢消える

17日(水)のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第2戦、マンチェスター・C対トッテナムの一戦は、激戦の末に2試合合計で4-4となり、アウェイゴールの差でトッテナムが4強に進出した。

第1戦をトッテナムが1-0と制して迎えた第2戦は、立ち上がりから激しく動いた。まずは前半4分、ラヒーム・スターリングがペナルティーエリア左から右足のシュートで先制する。

だが、トッテナムも直後の7分、第1戦で決勝点を挙げたソン・フンミンが、ペナルティーエリア外からの右足シュートで同点弾を奪取。さらに10分、再びソン・フンミンが右足でネットを揺らして逆転に成功した。

これで4点が必要になったマンチェスター・Cだが、それでもプレミア王者はあきらめない。直後の11分、ベルナルド・シウバが1点を返すと、21分にはケビン・デ・ブルイネのクロスから再びスターリング。この試合で3-2と勝ち越し、2試合合計でタイスコアとして前半を終える。

迎えた後半、マンチェスター・Cは59分にデ・ブルイネのアシストからセルヒオ・アグエロが右足を一閃。ついに2試合合計で4-3と逆転に成功する。

ところが、73分にトッテナムはCKからフェルナンド・ジョレンテがゴール。ハンドの疑いがもたれたが、ビデオ判定の結果で得点が認められ、2試合合計で4-4と再び同点。アウェイゴールの差でトッテナムがリードする。

激戦には、最後までドラマが待っていた。アディショナルタイム、後がないマンチェスター・Cは、スターリングがハットトリックとなるゴールを奪取。劇的な逆転勝利を収めたかに思われた。だが、再びビデオ判定の結果、アシストしたアグエロがボールを受けたときにオフサイドがあったと判定。スターリングの得点が取り消される。

結局、白熱の一戦はトッテナムが初のベスト4進出を果たして終了。準決勝でトッテナムはアヤックス(オランダ)と対戦する。

UEFA公式サイトによると、マンチェスター・Cのジョゼップ・グアルディオラ監督は「キツいね。突破に近づいていたんだが。無慈悲だが、受け入れなければいけない」と落胆した。

「みんなにとっては良い試合だった。20分で3-2となり、後半の我々は全力を尽くした。たくさんのチャンスをつくったんだ。この大会では、ミスが大きな代償となる」

「ファンには感謝したい。素晴らしい夜だった。マンチェスターに来てから、こんなスタジアムは見たことがなかったよ。彼らのことを思っても悲しい。だが、我々が全力を尽くしたことや、サッカーとはこういう予測できないものだということを、ファンも分かってくれているはずだ」

一方、トッテナムのマウリシオ・ポッチェッティーノ監督は「信じられない終わりだ。すごくうれしいし、誇りに思う。選手たちは英雄だ。彼らやファンのことを思うとうれしいよ」と喜んだ。

「一瞬で頭の中にいろいろなことがあった。最大の落胆となったが、それから判定が変わったんだ。だからこそ、我々はサッカーが好きなんだよ。今日の我々は素晴らしい気概を見せた。素晴らしい試合だったよ」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.