プレミアリーグプレミアリーグ

19/04/15リバプール、チェルシー戦勝利でマンチェスター・Cとの2差変わらず クロップ「1試合ずつ戦う」

14日(日)のイングランド・プレミアリーグ第34節、リバプールはホームでチェルシーに2-0と勝利し、首位の座をキープした。

同日の試合でマンチェスター・Cが勝利し、“首位陥落”の状態でビッグマッチを迎えたリバプール。スコアレスで迎えた後半51分、ジョーダン・ヘンダーソンのクロスにサディオ・マネが頭で合わせて先制すると、直後の53分にはモハメド・サラーがペナルティーエリアの外から左足で見事なシュートを突き刺した。

2点のリードを奪ったリバプールは、チェルシーに得点を許さずに逃げ切り。勝ち点を85とし、マンチェスター・Cの2ポイント差を維持した。ただし、マンチェスター・Cは消化が1試合少ない。

クラブ公式サイトによると、ユルゲン・クロップ監督は「ファンタスティックなパフォーマンスだった。雰囲気はさらに良かったね。とても、とても大きな結果だ」と喜んだ。

激化する一方のタイトルレースについて、指揮官は「1試合ずつだ」と強調している。

「我々は本当に、できるだけ多くの勝ち点を積み上げたいと願っている。今が勝ち点85で、残りは4試合。97ポイントまでいけるということだ。それにトライしよう。それで優勝できれば完璧だし、そうじゃなければ、我々にはどうしようもない」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.