プレミアリーグプレミアリーグ

19/04/12EL準々決勝、アーセナルがナポリに先勝 長谷部誠のフランクフルトは黒星

11日(木)のUEFAヨーロッパリーグ準々決勝第1戦、アーセナル(イングランド)はホームでナポリ(イタリア)に2-0と快勝した。

アーセナルは前半25分にアーロン・ラムジーのゴールで先制。さらに25分、ルーカス・トレイラのシュートがオウンゴールを誘ってリードを広げると、後半に反撃したナポリにアウェイゴールを許さず逃げ切った。

だが、UEFA公式サイトによると、アーセナルのウナイ・エメリ監督は「アウェイではまた違うだろう。集中しなければいけない。必要以上に自信過剰となってはいけない」と警鐘を鳴らしている。

ラムジーも「ナポリが難しい場所なのは分かっている。彼らは不運にもUEFAチャンピオンズリーグで決勝トーナメントに勝ち進めなかったチームで、クオリティーがあるんだ。厳しい対戦相手だよ」と警戒。そのうえで「僕らは大きなチャンスを手にした」と、4強進出に意気込んだ。

なお、同日のEL準々決勝第1戦では、長谷部誠擁するフランクフルト(ドイツ)が、敵地でベンフィカ(ポルトガル)に2-4と敗れた。長谷部はフル出場した。

エバン・エヌディカが一発退場となり、これで許したPKで先制されたフランクフルトは、数的不利の中でジョアン・フェリックスにPKを含むハットトリックを許して黒星。アウェイゴールを2つ奪ったが、4失点で2点ビハインドと苦しい状況となっている。

また、チェルシー(イングランド)は敵地でスラビア・プラハ(チェコ)に1-0と勝利。ビジャレアル対バレンタインのスペイン対決は、アウェイのバレンシアが3-1と制している。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.