プレミアリーグプレミアリーグ

19/04/02アーセナル、武藤途中出場のニューカッスルを撃破 トッテナムを抜いて3位浮上

1日(月)のイングランド・プレミアリーグ第32節で、アーセナルがニューカッスルに2-0と勝利し、3位に浮上した。

アーセナルは前半、アーロン・ラムジーがネットを揺らすが、その前に味方のファウルがあったとして得点が認められず。だが30分、ラムジーのゴールで先制に成功すると、後半にもアレクサンドル・ラカゼットが追加点を挙げて2連勝を飾った。

勝ち点を63としたアーセナルは、同61のトッテナムを抜いて3位に浮上。クラブ公式サイトによると、ウナイ・エメリ監督は「我々の目標は非常に明確だ。とても難しいことだが、開幕2連敗してから一歩ずつ順位を上げ始めた」と述べている。

「我々は良くなっており、これで3位だ。だが、非常にタフな戦いであり、難しいと分かっている」

「最下位だったときも、私はポジティブだった。今も同じだ。次の試合のことを考える。ラスト7試合のうち、5試合はアウェイだ。だからアウェイでもホームと同じように一貫した戦いができるかどうかが我々の挑戦となる」

なお、ニューカッスルは77分から武藤嘉紀を途中出場させたが、得点やアシストは記録できなかった。3試合ぶりに黒星を喫したニューカッスルは、14位に順位を落としている。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.