メキシコ・その他

19/03/31本田圭佑が今季7点目。首位撃破に貢献

 オーストラリアリーグ第23節が3月29日から31日にかけて行われ、MF本田圭佑の所属するメルボルン・ビクトリーは首位のパースとアウェーで対戦。本田は右MFで先発出場を果たし、今季7ゴール目を挙げて首位撃破に貢献した。

 試合は25分に元スウェーデン代表FWオラ・トイボネンが狙い澄ました直接FKを決めてメルボルンが先制点を奪う。その後は互いにチャンスを作りながら決め切れない試合展開となるが、後半に入ってメルボルンが追加点。67分、VAR判定によってPKを獲得すると、これをキッカーの本田がゴール右スミに冷静に沈めてリードを2点に広げる。3月12日のACL第2節・広島戦で得点を挙げていた本田だが、リーグ戦では2月15日に行われた第19節・ウェリントン・フェニックス戦以来、約1カ月ぶりの得点となった。本田はフル出場。チームは2-0の勝利を収め、リーグ戦2連勝となった。メルボルンは残り4試合を残して首位・パースとの勝点差7、2位・シドニーFCと勝点差1の3位。次節は4月6日、そのシドニーFCとの直接対決に臨む。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.