日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/03/29[川崎F]やり続ける中での+α。知念、長谷川らが結果

 リーグ戦未勝利で迎えたこの2週間の川崎Fだが、基本的に開幕からのチーム作りを継承。その中で若い力の活躍が目立っている。3分1敗のリーグ戦の結果を受け入った中断期間中、川崎Fは大宮、慶応大と練習試合を実施。この練習試合において、長谷川や知念、田中といった選手たちの猛アピールが見られた。大宮戦では知念や長谷川がゴールを奪う一方、戦線離脱していた大島、守田の穴を埋める活躍を見せた田中も攻守で存在感を示した。

 ここ最近結果を出し続けている長谷川は大宮戦では課題にしていたことがうまく出せたと話す。「逆サイドにボールがあるときに、幅(サイドに開く)というオプションに加え、もう一つ違うもの、どういうタイミングで中に入るのかを意識していて、それをうまくやれたと思う」。その長谷川のゴールをアシストした田中は「誰が出るかは分からないけど、練習でいいパフォーマンスを出すだけだと思う」と油断する様子は見られなかった。

 レアンドロ・ダミアンに近い役割を、川崎Fらしさを残しつつ実行してきた知念や、その知念の得点をクロスでアシストした鈴木は懸案の右SBの穴を埋めるべく結果を出した形。勝利への近道はやり続けること。そんなチームの姿勢を、若手選手がプレーで実践している。

(江藤 高志)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.