リーガエスパニョーラリーガエスパニョーラ

19/03/28バイエルンが仏代表リュカ・エルナンデスを獲得! 史上最多の100億円で

バイエルン(ドイツ)は27日(水)、クラブの公式サイトで、A・マドリー(スペイン)からフランス代表のリュカ・エルナンデス(23)を獲得したことを発表した。契約は来季から2024年までの5年。

バイエルンは8000万ユーロ(約99億3000万円)の契約解除金を支払う。英『BBC』によると、バイエルンのクラブレコードとなる。

エルナンデスは2月に右ひざを負傷しており、バイエルンはメディカルチェックでじん帯を痛めていることを確認したうえでの獲得と発表。選手は手術を受ける。バイエルンのドクターは「経験から言えば、来季の開幕には間に合う」と述べた。

フランス出身のエルナンデスは、2007年からA・マドリーでプレー。ユースを経て、2014-15シーズンからトップチームに昇格し、110試合に出場した。UEFAチャンピオンズリーグ決勝進出やUEFAヨーロッパリーグ優勝に貢献。A・マドリーとは2024年までの契約を結んでいた。フランス代表では昨年、ロシア・ワールドカップで優勝している。

エルナンデスは「キャリアにおいて本当に重要な一日となる。バイエルンは欧州や世界で有数のクラブだ。バイエルンでできる限りのタイトルを目指して戦えることを誇りに思う」と喜んだ。

「A・マドリーや経営陣、監督やコーチ、チームメート、ファンには、素晴らしい12年を過ごせたことを感謝している。A・マドリーはずっと僕の一部だ。次はバイエルンでの次のステップを踏み出すことを楽しみにしている」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.