プレミアリーグプレミアリーグ

19/03/21ポグバ、R・マドリーは「夢のクラブ」だがマンチェスター・Uに満足 「スールシャール続投希望」

マンチェスター・U(イングランド)のポール・ポグバが20日(水)、R・マドリー(スペイン)でのプレーは「夢」としつつ、現所属クラブに満足していると述べた。英『BBC』が報じている。

フランス代表でEURO2020予選に準備中のポグバは、R・マドリーが「すべての子ども、すべてのサッカー選手の夢」だとコメント。「世界最大のクラブのひとつ。僕はいつも、R・マドリーは全選手にとって夢のクラブと言ってきた」と話した。

「ただ、現時点で僕はマンチェスター・Uで幸せだ。試合に出ているし、新しい監督がいる」

ジョゼ・モウリーニョ時代に確執が騒がれたポグバは、オーレ・グンナー・スールシャール監督が就任してから復調。チームも立て直しに成功した。スールシャール監督は来季からの正式監督就任が近いとも言われている。

ポグバは「もちろん、僕らは彼に残ってほしい」と、スールシャール体制を後押しした。

「素晴らしい結果を残してきた。彼とは素晴らしい関係だ。彼も選手たちと素晴らしい関係にある」

「スールシャールはクラブのすべてを知っている。選手たちに自信を取り戻させてくれた。自由にプレーし、またサッカーを楽しめるようにしてくれたんだ」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.