プレミアリーグプレミアリーグ

19/03/10トッテナム、CL争いで手痛い黒星 吉田麻也フル出場のサウザンプトンに逆転負け

9日(土)のイングランド・プレミアリーグ第30節で、3位トッテナムが敵地で吉田麻也所属のサウザンプトンに1-2と敗れた。トッテナムはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いでの痛い1敗だ。

前半26分にハリー・ケインのゴールで先制したトッテナムだが、後半の76分、81分と立て続けに失点。逆転負けを喫した。トッテナムはここ4試合で1分け3敗と苦しんでいる。

勝ち点61のままとなったトッテナムは、3差の4位マンチェスター・Uや、勝ち点56ながら2試合未消化の6位チェルシーに抜かれる可能性もある。

クラブ公式サイトによると、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は「非常に落胆している」「受け入れがたいし、理解しがたい」と失望をあらわにした。

「前半を支配しても、試合は45分間ではなく、90分間なんだ。後半の我々はやるべきプレーをしなかった。受け入れたくないことだ」

なお、吉田は先発フル出場を果たしている。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.