プレミアリーグプレミアリーグ

19/02/21マンチェスター・Cが窮地から逆転勝利、C・ロナウド擁するユーベは完敗で苦境に

20日(水)のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦第1戦で、優勝候補のマンチェスター・C(イングランド)はシャルケ(ドイツ)に苦しみながらも逆転勝利した。一方、ユベントス(イタリア)は敵地でA・マドリー(スペイン)に敗れている。

前半18分にセルヒオ・アグエロのゴールで先制したマンチェスター・Cだが、38分と45分にナビル・ベンタレブに2本のPKを決められて逆転される。さらに、68分には2枚目のイエローカードでニコラス・オタメンディが退場となってしまった。

数的不利に陥ったマンチェスター・Cだが、78分にアグエロを下げてレロイ・ザネを投入。すると、85分にそのザネが直接FKを決めて追いつく。さらに90分、ラヒーム・スターリングが値千金の逆転弾。10人になりながらも試合をひっくり返し、敵地で3-2と先勝した。

一方、クリスティアーノ・ロナウドを獲得した今季、欧州制覇が期待されているユベントスだが、後半78分にホセ・ヒメネスの先制点を許すと、83分にもディエゴ・ゴディンに追加点を献上。得点を奪えないまま、0-2と敗れた。

UEFA公式サイトによると、A・マドリーのディエゴ・シメオネ監督は「非常に強いチームを相手に賢い試合ができた」と喜びつつ、「第2戦が難しいことは分かっている。かなり苦しむはずだ」と、突破が決まっていないと強調している。

敗れたユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督は「A・マドリーがうまくプレーさせてくれないのは分かっていたのに、彼らの試合に適応できずにやられた」とコメント。そのうえで、「ホームでも簡単ではない。ビッグマッチをする必要がある。ただ、私は自信がある」と述べた。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.