ブンデスリーガブンデスリーガ

19/02/14R・マドリーが敵地で先勝、CL初のVARによる得点取り消しも

13日(水)のUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第1戦で、R・マドリー(スペイン)は敵地でアヤックス(オランダ)に2-1と勝利した。このラウンドから採用されたビデオアシスタントレフェリー(VAR)も“発動”している。

アヤックスは前半38分、ニコラス・タグリアフィコがネットを揺らしたが、VARによりオフサイドポジションにいた味方がGKティボ・クルトゥワのプレーを妨害したとして得点が取り消された。

スコアレスで迎えた後半60分、R・マドリーはカリム・ベンゼマのゴールで先制に成功。75分に追いつかれたが、86分に途中出場のマルコ・アセンシオが追加点を奪い、R・マドリーが先勝した。

UEFA公式サイトによると、R・マドリーのサンチャゴ・ソラーリ監督は「特にアセンシオのプレーと得点はうれしい。非常に重要なゴールを決めてくれた」と喜んだ。

なお、同日のもう1試合では、トッテナム(イングランド)がホームでドルトムント(ドイツ)に3-0と快勝。ベスト8進出を大きく引き寄せた。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.