日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

19/02/07[清水]新助っ人登場の1本目はスコアレスドロー

 清水は先月31日から春季キャンプを行っている。「サッカーは同じことの繰り返し。それを突き詰めていくことが大事」と、ヤン・ヨンソン体制2年目もやり方が変わることはない。ただ、その顔ぶれが様変わりしている。ヴァンデルソン、ヘナト・アウグスト、そしてエウシーニョという新助っ人だ。3日の山形との練習試合では1本目にそろって先発したが、コンディションや連係面ではまだまだの様子だった。チーム全体としても“しょっぱい”と表現するのがふさわしいような、見せ場の少ない試合。指揮官は「ある程度、予想どおり」と話すが、ドウグラス、北川航也が不在のチームは迫力を欠いた。ブラジル籍助っ人に代わって注目を集めたのは清水として初実戦初ゴールを決めた西澤健太だった。北川と清水ユースの同期。ユースからトップ昇格はかなわなかったものの、筑波大を経て今季から清水に“復帰”した。「彼(北川)が日本代表で経験したことを、自分はJリーグの中でどれだけ経験してきて差を詰めるか」。遅れてきたルーキーはいま、好スタートを切った。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.