プレミアリーグプレミアリーグ

19/02/04カーディフ、消息絶ったサラを乗せた飛行機の残骸が発見

3日(日)、ナント(フランス)からカーディフ(イングランド)に移籍し、新天地に向かう途中に消息を絶ったエミリアーノ・サラを乗せた飛行機の残骸が見つかった。英『BBC』が報じている。

1月のマーケットで1500万ポンド(約21億5000万円)というクラブレコードでカーディフへの移籍が決定したサラは、1月21日(月)にフランスから海を渡る際、飛行機がレーダーから消えて消息不明となった。

一時は生存の可能性が「非常に低い」として、当局が3日後に捜索を断念。だが、クラウドファンディングで集まった支援金を元手に私的な捜索が続けられ、先日、サラを乗せていた飛行機から漂流したと思われるクッションがフランスの海岸で見つかっていた。

カーディフは2日(土)のプレミアリーグ第25節で、サラが消息不明となってから初めてのホームゲームに臨み、ボーンマスを相手に2-0と勝利を収めている。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.