プレミアリーグプレミアリーグ

19/01/31リバプール、岡崎途中出場のレスターとドロー マンチェスター・Cとは5差

30日(水)のイングランド・プレミアリーグ第24節で、首位リバプールはホームでレスターと1-1と引き分けた。

開始早々の3分にサディオ・マネのゴールで先制したリバプールだが、前半終了間際にセットプレーの流れからハリー・マグワイアの同点弾を許すと、後半も追加点を奪えなかった。

2位マンチェスター・Cが前日敗れていたため、勝てば勝ち点差を7に広げるチャンスだったリバプールだが、両者の勝ち点差は5ポイントとなっている。

クラブ公式サイトによると、リバプールのユルゲン・クロップ監督は「勝ちたかったが、本当に難しい試合になることは分かっていた。雪が降り始めてより一層簡単じゃなくなったね」と述べた。

「選手も私も普通の人間だ。勝ちたかったが、勝てなかった。だから大喜びはしていない。我々は勝ち点1を得た。望んでいたものではないが、それでもまだすべて良い状態だ」

「我々は勝ちたかった。それが実現しなかった。だからそれはうれしくない。だけど、それ以上のことではないよ」

なお、レスターは84分に岡崎慎司が途中出場。リーグ戦では4試合ぶりにピッチに立った。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.