セリエAセリエA

19/01/31ユベントスが国内で初黒星、コッパ・イタリア敗退 アッレグリ就任からの連続2冠に終止符

30日(水)のコッパ・イタリア準々決勝で、王者ユベントスが敵地でアタランタに0-3と敗れた。

ユベントスは前半37分にティモシー・カスターニュに先制を許すと、2分後にはドゥバン・サパタにも追加点を献上。1点も返せないまま、終盤86分にはサパタにこの日2点目を許した。

UEFAチャンピオンズリーグでマンチェスター・U(イングランド)やヤングボーイズ(スイス)に敗れていたものの、ユベントスは今季イタリア国内での公式戦で初の黒星となる。

マッシミリアーノ・アッレグリ監督が就任して以来、4年連続で国内2冠を達成していたユーベだが、初めてタイトルを逃したかたち。なお、この日がユーベでの公式戦250試合目だったアッレグリ監督は、試合途中に審判への抗議から退席処分となっている。

同日のコッパ・イタリア準々決勝では、ローマがフィオレンティーナに1-7と大敗。フィオレンティーナとアタランタが決勝進出を懸けてセミファイナルで対戦する。準々決勝最後の1試合、インテル対ラツィオは31日(木)に開催。勝者は準決勝でミランと対戦する。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.