プレミアリーグプレミアリーグ

19/01/1636歳チェフ、今季限りでの現役引退を発表 「すべてを成し遂げたと感じている」

アーセナル(イングランド)のペトル・チェフが15日(火)、今シーズン限りで現役を引退すると発表した。チェフは現在36歳。5月で37歳となる。

チェフは母国チェコのクラブやレンヌ(フランス)を経て、2004年にチェルシー(イングランド)に加入。11年を過ごし、2015年からはアーセナルでプレーしていた。

チェルシーではUEFAチャンピオンズリーグ制覇やプレミアリーグ優勝4回など、計13のタイトル獲得に貢献。英『BBC』によると、公式戦におけるクリーンシート228試合はクラブレコードだ。アーセナルでもFAカップを制している。

プレミアリーグ通算では443試合に出場し、クリーンシート202試合はリーグ記録。『BBC』によれば、クリーンシート率はチェルシー時代が48.6%、アーセナル時代が36.4%だった。

チェコ代表としては2002年から2016年まで通算124試合に出場。2006年のドイツ・ワールドカップや、2004年以降のEURO4大会でプレーしている。

チェフはSNSで「プロとして20年目のシーズン。最初のプロ契約を結んでから20年だ。だから、今季限りで引退することを発表する適切なタイミングではないだろうか」と引退を明かした。

「プレミアリーグで15年プレーし、あらゆるトロフィーを獲得して、目指していたすべてを成し遂げたと感じている。できれば今季もう一つトロフィーを手にするべく、アーセナルでハードワークを続けるよ。それからはピッチの外でどんな人生が待っているか楽しみにしている」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.