プレミアリーグプレミアリーグ

19/01/13リバプール、サラーPK弾で2019年初白星 公式戦連敗にストップ

12日(土)のイングランド・プレミアリーグ第22節で、リバプールがブライトンに敵地で1-0と勝利した。公式戦での連敗を2で止めたリバプールは、2019年になって初の白星だ。

リーグ前節でマンチェスター・Cとの直接対決を落としたリバプールは、続くFAカップ3回戦でウォルバーハンプトンを相手にまさかの敗退を余儀なくされていた。

だが、この日はスコアレスで迎えた後半50分、モハメド・サラーが自ら得たPKを決めて先制すると、そのまま逃げ切りに成功。3試合ぶりに勝利を取り戻した。

クラブ公式サイトによると、ユルゲン・クロップ監督は「落馬した場合はすぐに戻ることが最善。重要な良い勝利」と喜んだうえで、「連敗が大きな問題にはなっていなかった」と強調した。

「今日の試合で勝ち点3を得るのが本当に難しいことだと分かっていた。序盤で本当に厳しくなると思っていたから、とても満足しているよ。プレーをつくるのはOKだったが、フィニッシュがベストじゃなかった。それ以外は守備などすべて本当に良かったし、勝利にふさわしかった」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.