プレミアリーグプレミアリーグ

19/01/10マンチェスター・Cが3部を一蹴、リーグ杯準決勝で初の9点差圧勝

9日(水)のイングランド・リーグカップ第1戦で、マンチェスター・Cが3部バートンに9-0と圧勝した。クラブ公式サイトによると、マンチェスター・Cにとっては1987年以来となる大勝。リーグカップ準決勝で9点差がついたのは初めてという。

開始早々の5分にケビン・デ・ブルイネが先制点を挙げたマンチェスター・Cは、前半のうちにガブリエウ・ジェズスの2得点など3点を追加。4-0で前半を終えると、後半もG・ジェズスがハットトリックを達成するなど5ゴールを加え、大量9得点で圧勝した。G・ジェズスは4得点を挙げている。

クラブ公式サイトによると、マンチェスター・Cのジョゼップ・グアルディオラ監督は「バートンに大きな賛辞を寄せたい」と、対戦相手を称賛。そのうえで「これほどゴールを量産できるとは思っていなかった。素晴らしい。我々にとって大きな意味を持つ」と喜んだ。

「我々の博物館にはまだタイトルがたくさんあるわけじゃない。だから、決勝に進み、狙えるチャンスがあれば、ハングリーにタイトルを目指さなければならない。そのためには、真剣に取り組むしかないんだ」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.