セリエAセリエA

18/12/26C・ロナウド、イタリア移籍後初のベンチスタート アッレグリ「3月にトップの状態へ」

ユベントス(イタリア)のマッシミリアーノ・アッレグリ監督は25日(火)、セリエA第18節のアタランタ戦でクリスティアーノ・ロナウドがベンチスタートすると明らかにした。イタリア移籍後初となる。

夏にR・マドリー(スペイン)から移籍したC・ロナウドは、これまでセリエAの全17試合で先発出場。残り10分でベンチに下がった14節のフィオレンティーナ戦を除き、全試合でフル出場してきた。

一方、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)でも、バレンシア(スペイン)との開幕戦で退場となり、2節のヤングボーイズ(スイス)戦で出場停止となったが、以降の4試合はフル出場している。

アッレグリ監督は17節ローマ戦の前に、年内の3試合のどこかでC・ロナウドが休むと話していた。クラブ公式サイトによると、アッレグリ監督は「明日、C・ロナウドはプレーしない。起用はできる状態で、私とベンチに座る。初めてだね。ベンチから一緒に試合を見るよ」と述べている。

「冗談はさておき、私は彼がやっていることにとても満足している。少しデータを見ていたが、今年は彼にとってベストのスタートだ。ただ、CLのある3月にトップの状態になる必要がある。これまでずっとそうだったように、彼はその時に決定的でなければいけない」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.