プレミアリーグプレミアリーグ

18/12/19マンチェスター・U、モウリーニョ退任を発表 暫定監督にスールシャール?

マンチェスター・U(イングランド)は18日(火)、ジョゼ・モウリーニョ監督の退任を発表した。

2016年に就任したモウリーニョ監督は、1年目にリーグカップとUEFAヨーロッパリーグのタイトルを獲得。だが、2年目は自身初となる無冠に終わっていた。

迎えた3年目の今季、出だしから補強に関してクラブへの不満を表していたモウリーニョ監督は、主力ポール・ポグバとの確執も騒がれて苦戦。先週末のリバプールとの伝統のダービーで1-3と敗れ、首位に立つリバプールとは勝ち点19差の6位と低迷している。

クラブは声明でモウリーニョ監督が退任すると発表したが、英『BBC』は実質的に解任と報道。クラブは今後について、今季いっぱいは暫定監督が指揮を執り、その間に正式な指揮官を探すとしている。

『BBC』は、暫定監督にOBでアシスタントコーチを務めていたマイケル・キャリックや、ユースのニッキー・バット監督が就くことはないと報道。OBのオーレ・グンナー・スールシャールが候補と伝えている。ノルウェーのモルデで監督を務めるが、リーグは3月までの冬季中断に入っている。

来季からの新監督候補には、トッテナムのマウリシオ・ポッチェッティーノ監督や、元R・マドリーのジネディーヌ・ジダンらの名前が挙がっている。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.