日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

18/12/05[横浜FM]「来年は勝負の年になる」。栗原勇蔵、来季も横浜FMでプレーへ

 DF栗原勇蔵が来季も横浜FMでプレーすることが決定的となった。

 栗原は4日にクラブと面談を行ったあと、「来季もマリノスでやる機会を作ってもらった」と話し、来季も横浜FMでプレーすることを認めた。

 今季を振り返って、「今年はあまり試合に出られなかった。(開幕前の)合宿から今までにないぐらい、若い時と同じぐらいか、もしかしたら若いときよりも体にキレを感じていたところで(3月7日のルヴァンカップグループステージ第1節・FC東京戦で)ケガをしてしまった。あそこでケガをしなければもう少し出られていたと思う。来年またチャンスをもらえたので、また体を仕上げて今年と同じようにならないようにしたい」と意気込みを示した。

 今季、チームは攻撃的なスタイルに変貌し、昨季より11点多くリーグ2位タイの56得点を奪った。その一方、昨季より20点も多くリーグで3番目に多い56失点を喫し、16位・磐田と勝点で並ぶ12位に終わった。栗原は「いまのサッカーをやるなら攻め切らないといけない。DF陣とGKは守れていたときと比べても劣っていないし、いかに攻められるかがカギだと思う。来年はゼロからではないし、今年よりいい成績を残さないといけない。そういう意味で来年は勝負の年だと思う」と力を込めた。

 また、クラブとの面談については「普段からオグさん(小倉勉スポーティングダイレクター)たちと話をしているからまったく新しい話はしなかったけど、大人の会話というか、チームをよくしていくためのいい話ができたと思っている。ポジティブなことを言ってもらえたし、プレーだけではなく『プラスαも期待している』と言われた。若い選手や外国人選手に気配りをするとか、困っている選手がいるなら助けてあげたい」と、来季でプロ生活18年目となるベテランに求められる役割も担っていくことを誓った。

文・菊地正典(エルゴラッソ横浜FM担当)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.