日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

18/11/29[仙台]リーグ最終戦と天皇杯での先発出場を目指す仙台・古林将太。「上にいける結果を出したい」

 仙台の古林将太が、12月の連戦に臨む仙台において、右ウイングバックでの先発復帰を目指している。

 昨季途中に仙台に加入した古林は、今季開幕戦から先発出場の座をつかんだが、3月31日からのリーグ戦とカップ戦が短い間隔で続く“15連戦”の最中に負傷。その後、なかなか出場機会をつかめなかった。しかし「常に機会を逃さないように。でも、気張り過ぎずに、100%の力を出すことを考えてきました」と自らを磨いてきた。10月24日の天皇杯4回戦・横浜FM戦(3○2)で久しぶりに公式戦先発出場を果たすと、得意のクロスから石原直樹の決勝ゴールをアシストした。

 最近の仙台において右ウイングバックで先発出場を続けてきた蜂須賀孝治が、前節・鹿島戦で負傷退場し、次節・神戸戦での出場が危ぶまれる状況だ。ここで右サイドからの「縦に、深い位置まで入ってのクロスが得意」という古林には、空席となった右ウイングバックでの活躍が期待される。11月11日には、広島との練習試合で得点。このことについては「お互い公式戦とは違うし、あまり細かくは覚えていないのですが」と前置きした上で、「久しぶりに90分間プレーできたし、いいイメージをもって、上にいけるような結果を出したい」と、好調を維持して神戸戦の出場を目指す。

文・写真:板垣晴朗(エルゴラッソ仙台担当)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.