メキシコ・その他

18/11/20オランダ、AT弾でドイツとドロー フランスを抜いてネーションズリーグのファイナルへ

19日(月)のUEFAネーションズリーグ・リーグAのグループ1では、オランダが敵地でドイツと2-2で引き分け、逆転でファイナル進出を決めた。

すでに最下位確定で降格が決まっているドイツと、引き分ければフランスを抜いて首位に立ち、ファイナル出場権を得られるオランダ。前半はドイツが9分にティモ・ベルナー、20分にレロイ・ザネのゴールで2点をリードする。

だが、オランダは終盤に反撃。85分にクインシー・プロメスが1点を返すと、終了間際のアディショナルタイムにキャプテンのフィルジル・ファン・ダイクのボレーで同点。土壇場で追いつき、ファイナル進出を果たした。

UEFA公式サイトによると、殊勲のファン・ダイクは「素晴らしい気分だ。僕ら全員が自分たちを誇るべきだよ。僕はそう感じている。すべての試合でハードワークし、報われたことはファンタスティックだ」と喜びを表している。

「(未来に)多くが待っていることを願う。でも、あまり先は考えたくない。EURO2020に出場したいんだ。それがメインの目標だよ。ネーションズリーグで優勝できれば素晴らしいことだ。でも、僕らはEUROに出て、国を誇らしく思ってもらえるようにしたいのさ」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.