日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

18/11/17[千葉]成田の漢、キャリアハイ更新へ。千葉の船山貴之、チームを一番に考えつつ20点の大台も目指す

 前節・京都戦(3〇0)で今季19ゴール目をマークし、松本に所属していた14年の自身キャリアハイに並んだ千葉の船山貴之。17日の栃木との今季最終戦でキャリアハイ更新が掛かる。

「個人的には正直、いいですよね。チームの結果が伴わないのはすごく残念ですけど……。結果はチーム(成績)なので。個人スポーツじゃないから。自分が点をとっているのも、みんなが守ったり、パスをくれたり、つぶれたりしてくれて、(最後に)自分がそこにいることが多いだけ。自分がよくても意味のないことかな……。いや、意味なくはないけど、言い方が難しいですね」

 長いシーズンをとおしてコンスタントに『19』の得点を積み重ねてきた自負はある。けれどもJ1昇格を目標にしていたチームが13位に沈み、昇格争いに絡めていない現実がもどかしいのだ。

 一方で『20』の大台は目前。そこに対する欲はないのか。その問いに対するアンサーはウィットに富む。「いまとなっては、キャリアハイにいきたいですけど、それだけになったら、チームプレーがおろそかになる可能性がある。そこは難しいところ。でも、19か20か(の差)は大きいでしょ。いろんな面で。来年の交渉材料にもなるしね。重要でしょ?(笑)」

 そのコメントを受け、「栃木戦ではゴールに集中するのか」という質問にはこう返す。

「いや、そんなことはないですね。(少し前に)プレーオフもないし、なにも懸かってないし、それをちょっと俺がしてたっぽいんですよ。監督にそれを一瞬で悟られて、すぐに呼ばれ、『チームプレーをしてないぞ。外すぞ』、みたいな感じで言われ、俺も確かに『そうだ』と思ったんですよ。それはやっちゃいけないだなって」

 そこからフアン・エスナイデル監督とのエピソードに話は広がる。

「すごく言われるのはプレス。『点を取るより、プレスで10回ボールを奪ってくれたほうが俺はうれしいよ』と。俺は『点をとったほうがうれしいよ』と言い返しますけどね(笑)。でも、自分勝手なことばっかりやっていると出られないんで」

 そして、話題は再び栃木戦へ。

「連勝よりも、しっかりした試合(内容)の方が大事。(勝負事に)勝ち負けはあるから。ジェフらしいサッカーというか、こうゆうサッカーだぞというのを見せ、結果がついてくれば、来年、いい始まり方ができると思います」

 言葉の端々ににじむ“強気”を額面どおり受け取れば、自己中心的な印象を与えるかもしれない。でも実際は真逆。球離れは抜群だし、90分を過ぎてもボールを追い続ける姿を見れば、それは一目瞭然だ。船山貴之とはそんな男である。

文:大林洋平(エルゴラッソ千葉担当)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.