日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

18/10/11[鳥栖]珍しい形での船出。鳥栖がJ1残留に向け新たなスタート

 鳥栖がJ1残留のため、新たな体制でのスタートを切った。

 8日、鳥栖は公式サイドでフィッカデンティ監督に代わり、U-18監督の金明輝がコーチとなり、トップチームの指揮を執ることを発表した。契約を残すフィッカデンティ監督と今後の処遇について協議が続いているため、正式に監督の任を解くことができていない。金明輝コーチも「実質、まだ監督はいらっしゃるので、指揮官ということで、今は話を受けています」と話しているように、珍しい形での新しい船出となった。

「共通言語が一緒であるぶん、しっかりとコミュニケーションをとっていきたい」と話すように積極的な会話でのコミュニケーションが金明輝流となった。練習前のウォーミングアップのやり方が変わったことも影響しているが厳格なフィッカデンティ監督の下では黙々と練習メニューを消化することが多かったが現在は選手たちが積極的に声を出す光景が増えている。また、チームの現状については「失点はリーグで5番目に少ないので、意識、ハードワークは継続していきます。あとは得点がリーグで一番少ないということで、点をとらないと勝ち点はとれないので、攻撃に関わる人数や意識フィニッシュの精度を上げるためのトレーニングは必要」と言及。喫緊の課題である得点力アップへ着手する姿勢を見せた。

 練習では金明輝コーチは木谷公亮コーチと頻繁に確認を取る光景が見られた。「僕以上に彼(木谷コーチ)がこのチームを知っているので、聞きながら判断していくかたちは今後も続けていく」とその意図について金明輝コーチは話す。

 Jリーグは監督代行を認めていないため、次節の仙台戦までにフィッカデンティ監督との契約について解決できなければ、監督不在の中での試合となる。J1・7年目のシーズンで迎えた最大の窮地、そこで指揮を執ることになった、金明輝コーチの重圧は想像を絶するが「全員の力を借りながら」(金明輝)コーチと一丸となってこの難局を乗り越える。

文・写真:杉山 文宣(エルゴラッソ鳥栖担当)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.