リーガエスパニョーラリーガエスパニョーラ

18/09/16R・マドリーがドロー、開幕からの連勝が止まる バルサと2差

15日(土)のスペイン・リーガエスパニョーラ第4節で、R・マドリーが敵地でA・ビルバオと1-1で引き分けた。開幕からの連勝が3で止まっている。

R・マドリーは前半32分にイケル・ムニアインの先制点を献上。後半の63分、2分前に途中出場したイスコのゴールで追いついたが、逆転には至らなかった。

宿敵バルセロナが4連勝を飾った一方で、R・マドリーはジュレン・ロペテギ監督体制になってリーグ戦で初めて勝ち点を落とした形だ。

クラブ公式サイトによると、ロペテギ監督は「我々は追加点を奪えなかった。チャンスをたくさんつくり、相手の2倍のシュートを打ったのだが」と悔しさをのぞかせた。

「相手が非常に良いプレーをした。後半は勝つためのチャンスを多くつくったのだがね。とても激しい試合だった。典型的なA・ビルバオの試合だ」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.