2018 FIFAワールドカップ ロシア

18/08/22アルゼンチン暫定監督がメッシの今後に言及 「様子を見なければ」

アルゼンチン代表のリオネル・スカローニ暫定監督が、注目されるリオネル・メッシの今後の代表活動に言及した。

ロシア・ワールドカップ(W杯)で主将としてアルゼンチン代表をけん引したメッシ。だが、チームはベスト16敗退に終わり、メッシはまたしても代表で栄光をつかむことができなかった。

かつて、一度は代表から引退したことがあるメッシは、今後について明言を避けている。スカローニ監督は先日、9月の国際親善に向けた招集メンバーを発表したが、メッシの名前はない。

『ESPN』によると、スカローニ監督は21日(火)の会見で、メッシについて「話をしたうえで今回のメンバーには呼ばなかった。正直、今後どうなるかは話していない」と明かした。

「どうなるかは様子を見なければいけない。私は彼と良い関係で、良い話し合いができた。我々はとても明確だった。今回の招集メンバーには入らない。今後については、様子を見よう」

今回の代表では、セルヒオ・アグエロやゴンサロ・イグアイン、アンヘル・ディ・マリアらもメンバーから外れている。ロシアW杯のメンバー23人のうち、今回も招集されたのは、わずか9選手だ。

スカローニ監督は「招集を拒否した者はいない」としたうえで、「すべては代表のための決定だ。これから何をもたらせるのかを見るためのね」と述べた。

「この新たな冒険に加える必要がある選手について、我々は明確な考えを持っている。今はこの選手たちが必要だと感じているんだ。彼らを呼ぶタイミングは今だと確信している」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.