日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

18/08/16[長崎]加入の大本祐樹、自身初となるJ1挑戦の抱負語る

 長崎に加入した大本祐槻が抱負を語った。

 昨季、大卒新人ながら岐阜で活躍し、今季は徳島でプレー。しかし、加入半年ながら長崎のオファーを受けると自身初となるJ1での挑戦を決断した。

「半年という短い間で徳島を出るっていうことを決断するのは簡単なことではありませんでした。でも、サッカー選手である以上、J1でプレーしたいという気持ちがありましたし、J1に挑戦することでもう一つ上の自分に成長できるのではないかと思って決断しました」

 決断に至った理由をそう語っている。翁長聖、飯尾竜太朗に続くワイドの選手の台所事情が厳しかった長崎にとっては待望の新戦力となる。昨季、岐阜で同期としてプレーした古橋亨梧が神戸に、今季、徳島でともにプレーした山﨑凌吾が湘南、大﨑玲央が神戸へと移籍し、活躍を見せている。身近な選手たちがJ1でプレーする姿は大本にはどう映っていたのか。

「常に亨梧の活躍は岐阜で一緒にやっているときから刺激を受けていましたし、凌吾くんや玲央くんの存在も刺激にはなっていましたけどその3人がJ1に行ったからじゃあ自分もJ1に(移籍する)っていう簡単な理由ではなかった。短い期間でしたけどしっかり考えたうえでの移籍です」

 特に同期である古橋の活躍は刺激になっていたが限られた時間の中で悩みぬいた末での移籍だったようだ。しかし、チームは残留争いの渦中。J1初挑戦とはいえ、即戦力としての期待が懸かる。

「自分のドリブルの形で得意なのは左のほうなんですが右利きで右サイドで縦に行くっていうのはどうしても日本で行ける選手は少ないと思いますし、自分もそこをやっていかないといけないと思っています。まずはJ1という舞台にビビらずにまずは仕掛けるということを1試合の中でどれだけ続けていけるか。その中でいろいろな仕掛け方を考えて、突破していけたら」

 左右のサイドを問わず、J1の舞台で自分の得意とするドリブルでの仕掛けで挑んでいくことを誓った大本。得点力不足に苦しむチームに新しい風を吹かせたい。

文・写真:杉山文宣(エルゴラッソ長崎担当)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.