日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

18/08/10[愛媛]「1番最初に試合に出てほかの二人に勝ちたい」。興國高から3人目のJクラブ来季加入内定者、中川裕仁が愛媛の特別指定選手に

 来季より愛媛への新加入が内定しているFW中川裕仁(興國高)が8日付けでJFA・Jリーグ特別指定選手として承認されたことが9日、クラブから発表された。

 中川は7月中旬に練習生として愛媛のチーム練習に参加し、今週からあらためてチームに再合流。この日は早速紅白戦にも加わるなど、精力的にフルメニューをこなした。

 ポジションはFW。前線で見せるスピードと左足から繰り出すパンチ力のあるシュートが武器で、今回、プロの空気を触れるにあたって「左足のシュートはプロでも通用する」と早速手ごたえをつかんでいる。

 中川は今回、愛媛の特別指定選手になったことに際し、次のようにコメント。

「プロの中ですごく刺激をもらっている。まだ自分らしさを全部は出し切れていないけど、慣れてきて徐々に出せるようになってきている。しっかりアピールしていけば今季中に試合に出るチャンスも上がっていくと思う」

 興國高からのJクラブ来季加入内定は山口のDF起海斗、岐阜のFW村田透馬に次いで中川が3人目。すでに起、村田もそれぞれのクラブで特別指定選手として承認されているが、いずれもまだJデビューは飾っていない。

「(3人の中で)自分はプロ入りが決まったのが一番遅かった。でも、今回強化指定をしてもらえたので、1番最初に試合に出てほかの二人に勝ちたい」

 ひと足早くプロのライバル心を胸に宿し、来るべきJデビューに向けて走り出した。

文・写真:松本 隆志(エルゴラッソ愛媛担当)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.