日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

18/07/23[京都]“第四の新戦力”ウ・ショウツォンが京都に合流。「配球やゲームの組み立てに注目してほしい」

 7月に入ってすでに4選手の期限付きでの獲得を発表し、夏の移籍市場で活発な動きを見せている京都。そのうち、U-19中国代表のフランス遠征に参加していた清水から加入のウ・ショウツォンが22日からチームに合流。これで、練習場に4人の新戦力が顔をそろえることになった。

 合流間もないウ・ショウツォンにチームの感想を尋ねると、「暑い中でもみんな情熱的で、良い練習をしていますね」と好印象を口にし、「CBの中では、配球やゲームの組み立てのところで特長が出せるタイプだと思っています。それに、身長(192cm)を利用してゴールを守ることやゴールを決める部分でも貢献したいです」と自身のストロングポイントをアピールする。

 清水ユースの練習生として昨季から日本で過ごしているだけに、日本語にはかなり慣れてきているようで、田中マルクス闘莉王が「Jリーグで100ゴールを記録しているCB」と伝えると、即座に「スゲェ」と反応してみせる。その様子を見る限り、チームメートとのコミュニケーションにも大きな問題はなさそうだ。

 また、オフにリラックスするための関西の名所もしっかりとリサーチ済み。万全の準備をして、新天地での生活に臨んでいる。「京都なら清水寺。それから、鹿がいる奈良公園にもぜひ行ってみたい。僕は動物が好きなんです」。

 なお、京都はJ2最下位に沈む現状を打開すべく、さらに複数の新戦力獲得に動いている模様である。

文・写真:川瀬太補(エルゴラッソ京都担当)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.