2018 FIFAワールドカップ ロシア

18/07/15ベルギーがイングランドを下して3位、ケインは得点王に迫る

14日(土)のロシア・ワールドカップ(W杯)3位決定戦は、ベルギーが2-0とイングランドを下し、史上初の3位に輝いた。一方、敗れたイングランドだが、ハリー・ケインが得点王に近づいている。

試合は立ち上がりの4分、ベルギーが速攻からトマス・ムニエのゴールで先制。序盤から優位に立つと、終盤の82分にエデン・アザールが追加点を挙げて勝負を決めた。

FIFA公式サイトによると、ベルギーのロベルト・マルティネス監督は「勝ちたかった。選手たちは歴史をつくって母国に帰る。大事なのはそれだ。選手たちは称賛に値する」とチームをたたえた。

「1986年大会の世代はベルギーの全選手にインスピレーションとビジョンを与えた。このグループはそれを上回ったんだ。歴史的だよ。この位置に立つまで32年を要した。真の成功であり、本当に満足だ」

「本当に素晴らしい旅路だった。成功の道のりだった。だが、サッカーでは先を見て、次の機会に向けて向上していなければならない」

一方、敗れたイングランドのガレス・サウスゲイト監督は「自分たちがやってきたことを誇りに思っている」とコメント。そのうえで「ベスト4だが、まだトップ4のチームではない。それは分かっているし、隠すこともなかった」と続けた。

「本当にベストチームとの対戦では、我々は及ばなかった。だが、素晴らしい冒険だったし、いくつかの経験はこの選手たちとスタッフに残るだろう。それが今後に向けて良い助けとなる。今日は選手たちにこれ以上を求めることができなかった」

だが、4得点を記録していたベルギーのロメル・ルカクがこの日ノーゴールに終わったため、6得点のケインはランク首位をキープ。3得点のアントワーヌ・グリーズマンやキリアン・エムバペらが決勝でゴールを量産しなければ、ケインが大会得点王のタイトルを手にすることとなる。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.