日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

18/07/15[東京V]「最終的には○○が有利」。東京Vのロティーナ監督がW杯の決勝戦を展望

 東京Vは10日、高井和馬の山口への完全移籍を発表した。高井は今年のオフに群馬から完全移籍で加入したが、ここまでリーグ戦では途中出場3試合、計54分の出場にとどまっていた。ロティーナ監督は15日に行われる山口戦に向けた囲み取材で高井について、「彼はカルロス(マルティネス:今年6月で契約解除)と同様に、生粋のウイングではなくセカンドトップの選手。そのためヴェルディのシステムに適応するのに時間がかかり、難しい状況になった」と、出場機会を与えられなかった理由を説明した。と同時に、「彼はクオリティーが高く、良い選手なのは間違いない。きっと山口で活躍するでしょう」とエールを送った。

 またロティーナ監督は、W杯の決勝戦についても展望した。「ベスト4に残ったチームの中で一番好きなのはベルギーだったが、それを破ったフランスのクオリティーが優った。一方、クロアチアはエモーションの部分が最高潮に達している」と両チームを分析。「フランスの中盤が強力なのは事実だが、クロアチアも中盤にストロングポイントを持っている。ボールを持ったときのクオリティーを考えればクロアチアのほうが有利かもしれない。そこの戦いは面白い、美しいものになると思う」とした上で、「最終的にはフランスが有利だと思う」と予想した。

文:芥川和久(エルゴラッソ東京V担当)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.