プレミアリーグプレミアリーグ

18/06/12元仏代表ビエラが監督で欧州復帰、ニースの指揮官に就任 ペップの右腕がNYへ

ニース(フランス)は11日(月)、クラブ公式サイトで、元フランス代表のパトリック・ビエラ氏(41)を新監督に招へいしたことを発表した。ニースは2シーズン指揮を執ったリュシアン・ファーブル監督がドルトムント(ドイツ)の指揮官となり、後任を探していた。

現役時代にアーセナル(イングランド)やユベントス、インテル(イタリア)で活躍し、マンチェスター・C(イングランド)で引退したビエラ氏は、同クラブの下部組織で指導者キャリアを開始。2016年から同列グループのニューヨーク・C(アメリカ)を率いていた。

ビエラ氏はマンチェスター・Cの公式サイトで、「ニューヨークを離れるのは私と家族にとって非常に難しいことで、簡単に決めたことではない」と述べている。

なお、マンチェスター・Cは、ジョゼップ・グアルディオラ監督のアシスタントコーチ、ドメネク・トレントが退団し、ビエラ氏の後任としてニューヨーク・Cの指揮官になると発表した。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.