メキシコ・その他

18/06/06CLで主審を批判したブッフォン、3試合の出場停止 PSGで消化?

UEFAは5日(火)、ユベントス(イタリア)に所属するジャンルイジ・ブッフォンに3試合の出場停止処分を科すと発表した。

ブッフォンはR・マドリー(スペイン)とのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第2戦で、終了間際にR・マドリーにPKが与えられたことに激高。マイケル・オリバー主審に詰め寄って一発退場を命じられた。

第1戦で0-3と完敗したユベントスは、第2戦で3-0と合計スコアで追いつき、“奇跡”に迫っていた。だが、土壇場でのPKをクリスティアーノ・ロナウドに決められて万事休す。ベスト8敗退に終わっている。

試合後、ブッフォンは報道陣を前にオリバー主審を非難。ユベントスの一部サポーターが同主審や妻をSNSで脅すなどの事態に発展していた。

今季限りでユベントスを退団することを表明しているブッフォンだが、現役続行については明言しておらず、パリ・サンジェルマン(PSG、フランス)への移籍が有力視されている。

PSGに加入した場合、ブッフォンは新シーズンのCLでグループステージ前半戦に出場できないこととなる。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.