メキシコ・その他

18/04/24負傷の酒井宏樹、じん帯損傷で3週間離脱 EL準決勝欠場へ

マルセイユ(フランス)は23日(月)、週末のリーグ戦で負傷した酒井宏樹について、左ひざ内側側副じん帯損傷で3週間の離脱になると明かした。

酒井は21日(土)のリーグアン第34節リール戦で負傷。チームは5-1と大勝したが、酒井は前半22分という早い時間に交代を余儀なくされていた。

3週間の離脱とあり、酒井は南野拓実が所属するザルツブルク(オーストリア)とのUEFAヨーロッパリーグ準決勝を欠場することが濃厚に。今季中に復帰できるかも微妙なところだ。一方、心配されたロシア・ワールドカップには間に合う見込みとなった。

酒井はこの日、ツイッターで「どんなに気をつけていてもケガはつきものです。ただ今回は自分の身体が本当に頑張って耐えてくれました。ELもリーグもまだ諦めてません。またすぐこのシャツを着れるようリハビリ頑張ります!」とコメントしている。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.