日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

18/04/16[川崎F]「同世代のJでの活躍が刺激になる」。川崎Fに2種登録された宮代大聖が意気込みを語る

 13日に川崎Fとプロ契約を締結し、2種登録されることが発表された宮代大聖が16日、プロ選手になったことへの喜びと今後の意気込みを語った。

 川崎フロンターレU-18に所属する宮代は、2000年生まれの17歳。5月に誕生日を迎えると18歳になる高校3年生だ。川崎FにはU-10から加わり、その後は育成年代で順調に成長。昨年行われたU-17W杯で2得点を奪う活躍を見せるなど、将来を嘱望されていた。

 そんな宮代は今回のプロ契約に対し、「素直にプロ契約になったことはうれしい。ただここからが本当に勝負の場。この環境に入れたことをすごくうれしく思っているけど、ここからどれだけ勝負していくかが大事なので、日々努力して、いろいろ(周りの選手のいいところを)盗みながら頑張っていきたい」と語り、素直な喜びとともに身が引き締まる思いであることを明かした。

 また自身の特長については「ゴール前での決定力やシュートは自分のストロング」と語り、「背後へのランニングや起点となる動きはユース年代から意識してやってきたので、そういうところも出せればいい」と表現。今季の目標については「トップチームでメンバーに絡んで試合に出ること」を掲げた。

 「同じ年代の選手たちがJの舞台で戦っているのを見ると刺激をもらうし、自分もやってやろうという気持ちにもなる」と同世代の活躍に刺激を受けている宮代。まずはトレーニングから自身の力をアピールしていくことで、公式戦初出場をつかみたいところである。

文:林遼平(エルゴラッソ川崎F担当)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.