ブンデスリーガブンデスリーガ

18/04/06長谷部、フランクフルトと契約延長 引退にも言及「日本かもしれない、でも…」

フランクフルト(ドイツ)の長谷部誠(34)が5日(木)、クラブとの契約を2019年まで1年延長した。クラブ公式サイトが発表している。

長谷部は2014年にニュルンベルクからフランクフルトに加入。ブンデスリーガで108試合に出場している(通算では257試合に出場)。

フレディ・ボビッチ代表取締役はクラブ公式サイトで「マコトは今季の我々の成長におけるキーパーソンだった」と、長谷部との契約延長を喜んだ。

「彼はピッチの上だけでなく、ピッチの外でも重要な存在だ。だから、模範的なプロフェッショナルに来季も頼ることができて、我々はとてもうれしく思っている」

また、長谷部自身は「本当にうれしい。フランクフルトのユニフォームをこれからも着られることを非常に誇りに思っています」と喜びを表した。

「クラブも街も家のようだと感じている。家族も同じです。ファンも素晴らしく、ホームでもアウェイでも常に僕たちを支えてくれている。素晴らしいサポートです」

一方で、長谷部は引退後にも言及し、「まだどうするかは分からない」と述べた。

「指導者ライセンスを取得するかもしれないですし、フランクフルトのアンバサーだとして働くかもしれない。どこでキャリアを終えるかもまだ分かりません。日本かもしれないけど、ドイツに残りたい」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.