ブンデスリーガブンデスリーガ

18/02/24武藤、途中出場で5戦ぶりにゴール 一昨季に並ぶ7点目で勝ち点もたらす

マインツ(ドイツ)の武藤嘉紀が23日(金)、ブンデスリーガ第24節ボルフスブルク戦で前半40分から途中出場し、今季7点目となるゴールをマークした。

前半6分に先制を許したマインツは、40分にチームメートの負傷を受けて途中出場した武藤が、前半終了間際の44分に左足で同点弾を決める。

武藤はドッペルパック(1試合2得点)を記録した1月20日の第19節シュトゥットガルト戦以来となる、今季7点目。ブンデスリーガ初挑戦の1年目、一昨季の得点数に並んだ。

後半はともに追加点を挙げるには至らず、試合は1-1のドローで終了。マインツは勝ち点を24とし、暫定で昇降格プレーオフに回る16位から脱した。だが、ブレーメンが24日(土)に17位ハンブルガーSVに負けなければ、再び16位となる。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.