ブンデスリーガブンデスリーガ

18/02/05長谷部、ブンデス通算250試合出場達成も…「数字よりも質」「まだ満足できない」

フランクフルト(ドイツ)に所属する長谷部誠が4日(土)、ブンデスリーガ通算250試合出場を達成した。だが、チームは0-3とアウクスブルクに完敗している。

長谷部は2008年1月にボルフスブルクに加入。2013-14シーズンにニュルンベルクでプレーし、翌シーズンからフランクフルトに在籍している。

昨年、長谷部は奥寺康彦氏(234試合出場)のブンデスリーガ通算出場試合記録を更新。3位の酒井高徳(157試合)とは大きく差が開いている。

ブンデスリーガ公式サイト日本版によると、長谷部は試合後に「数字よりも質、中身だと思う」とコメント。「まだまだ質は上げていきたい」「数字の中にある、自分のプレーの質というところをフォーカスしてみたい」とし、「まだまだ個人的には満足できるものではない」と、さらなる向上を目指すと意気込んだ。

この日はゲームキャプテンとしてフル出場し、パス成功率100%を誇った長谷部だが、チームは6試合ぶりの黒星。長谷部は「内容としても敗戦は妥当」と振り返っている。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.