プレミアリーグプレミアリーグ

18/01/15マンチェスター・Cがついに今季初黒星 リバプールに屈しペップは「ここから学ばなければ」

14日(日)のイングランド・プレミアリーグ第23節で、マンチェスター・Cがリバプールに敵地で3-4と敗れた。ジョゼップ・グアルディオラ監督率いるマンチェスター・Cは、今季初黒星となる。

開始9分にアレックス・オックスレイド=チェンバレンの先制弾を許したマンチェスター・Cは、レロイ・ザネのゴールで追いついて前半を終えた。

だが後半、59分からロベルト・フィルミーノ、61分にサディオ・マネ、68分にモハメド・サラーと、立て続けに3失点。ベルナルド・シウバとイルカイ・ギュンドアンのゴールで1点差まで詰め寄ったが、ついに初の黒星を喫した。

マンチェスター・Cの公式サイトによると、グアルディオラ監督は試合後に「ここから学ばなければいけない。だが、我々は前進して(1-4から)2点を返した」と述べている。

「我々は負けた。それが現実で、シーズン中はこういう状況にも向き合わなければならない。できるだけこの気持ちが短くてすむようにしたい」

「プレミアリーグのシーズンは長い。我々が考えるべきは次の試合のことだけだ」

「試合はたくさん残っている。難しい試合もたくさんある。集中し、もちろん、順位を守っていく」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.