プレミアリーグプレミアリーグ

18/01/11デ・ブルイネ、サンチェスをマンCに歓迎 「何かをもたらしてくれる」

マンチェスター・C(イングランド)のケビン・デ・ブルイネは、アーセナル(イングランド)のアレクシス・サンチェスがチームに加わることを歓迎しているようだ。10日(水)に英『BBC』が報じた。

ジョゼップ・グアルディオラ監督がバルセロナ(スペイン)時代に指導したサンチェスは、今季限りでアーセナルとの契約が満了となる。そのため、今季を通じて去就が騒がれているところだ。

夏の移籍市場最終日にも、アーセナルがマンチェスター・Cのオファーを一度は受け入れたものの、代役の確保に失敗したことで取引が破談。マンチェスター・Cは契約満了をもってサンチェスを獲得する方針とみられていた。

だが、ガブリエウ・ジェズスが負傷離脱したことを受け、マンチェスター・Cが1月の市場で再びサンチェス獲得に動くと報道が過熱。早ければ今週中にも移籍が成立すると報じたメディアもある。

そんな中、デ・ブルイネは「彼が来ればチームに何かをもたらしてくれるだろう」「彼は非常に優れた選手だ」と、サンチェスを歓迎する考えを明かし「様子をみよう」と期待を寄せた。

マンチェスター・Cはプレミアリーグで2位に勝ち点15差と首位を快走。UEFAチャンピオンズリーグで決勝トーナメントに進出し、FAカップでも4回戦に駒を進めた。リーグカップでは準決勝第1戦で2-1と勝利し、ファイナル進出に王手をかけている。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.