プレミアリーグプレミアリーグ

17/06/24マンチェスター・Uで厳しい立場のルーニー、新天地探しに苦戦?

マンチェスター・UのFWウェイン・ルーニーが、新天地を見つけられていないという。英紙『ミラー』が23日(金)に報じた。

ジョゼ・モウリーニョ監督が率いた2016-17シーズン、出場機会を失い、この夏の退団の噂も絶えないルーニー。だが『ミラー』によると、週給30万ポンド(約4300万円)というマンチェスター・Uでの高額サラリーに見合うオファーが届いてない。

『ミラー』によれば、マンチェスター・Uはフリーでルーニーを放出することや、選手のサラリーを負担する考えがないとのこと。そのため、獲得を目指すクラブにとっては大きなコストとなる。

2月に中国移籍も騒がれたルーニーだが、中国では先日、高額の外国人選手に100%の税金支払い義務が発生することに決定。“爆買い”はもはや不可能になったとされる。

FWズラタン・イブラヒモビッチとの契約を更新しなかったマンチェスター・Uだが、モウリーニョ監督は新たなストライカーの獲得を希望。R・マドリー(スペイン)FWアルバロ・モラタを筆頭に、多くの候補の名前が挙がっている。そのため、来季もルーニーの序列は変わらないとみられる。

マンチェスター・Uでは出場機会を得られず、プレーのチャンスを望もうにも、思うように移籍先が見つからないというルーニー。イングランド代表でも立場が厳しくなっている31歳は、どのような決断を下すのだろうか。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.