リーガエスパニョーラリーガエスパニョーラ

17/05/30バルセロナ、バルベルデ監督の就任を発表 来季から2年契約

バルセロナ(スペイン)は29日(月)、来季からの新指揮官にエルネスト・バルベルデ監督(53)が就任すると発表した。6月1日(木)に就任会見に臨む。契約期間は2年。さらに1年の延長オプションがついている。

バルセロナは今季まで3年にわたってチームを率いたルイス・エンリケ監督がシーズン中に退任を発表。後任に選ばれたのは、現役時代にバルセロナでプレーした経験を持ち、ビルバオやエスパニョールを率いたバルベルデ監督だ。

クラブ公式サイトによると、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は「能力と知識、経験がある。ユースの選手も登用するし、我々のような仕事の仕方やスタイルを持っているんだ。非常にバルサらしい哲学を持つハードワーカーだよ。それに、練習や試合への技術導入にも積極的だ」と述べた。

なお、バルセロナは同日、GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(25)との契約を2022年まで延長したことも発表している。契約解除金は1億8000万ユーロ(約223億3000万円)に設定された。2014年に加入したテア・シュテーゲンは、3シーズンで9つのタイトルを獲得している。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.