プレミアリーグプレミアリーグ

17/05/12マンチェスター・U、初のEL制覇なるか 決勝進出にモウリーニョも喜び

マンチェスター・U(イングランド)は11日(木)、UEFAヨーロッパリーグ(EL)準決勝第2戦でセルタ(スペイン)とホームで1-1と引き分け、2戦合計2-1で決勝進出を果たした。

敵地での第1戦を1-0と制していたマンチェスター・Uは、17分にFWマーカス・ラッシュフォードのクロスからMFマルアン・フェライニのヘッドで貴重な先制点を奪う。

85分にDFファクンド・ロンカリアに1点を返され、その直後の小競り合いでDFエリック・バイリーとロンカリアが退場するなど、終盤は緊迫したものの、そのまま「逃げ切り」に成功した。

ELや前身のUEFAカップを制したことがないマンチェスター・Uは、25日(木)の決勝でアヤックス(オランダ)と対戦。優勝すれば、来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得できる。

ジョゼ・モウリーニョ監督は試合後、『BTスポーツ』で次のように喜んだ。クラブの公式サイトがコメントを伝えている。

「最後まで苦しまなければならず、最後の1秒までどうなるか分からなかった。最高の試合をしたわけではないが、選手たちはファイトし、持てるすべてを尽くしてくれたよ。本当にうれしい」

マンチェスター・Uは今季、すでに国内でリーグカップを制している。ELとの2冠となれば、就任1年目のモウリーニョ監督にとって「成功のシーズン」と言えるだろうか。

「ELで優勝できれば、なおのことうれしい。今季はこれまで私にとってハードだった。とても難しかった。だから、優勝することができたら素晴らしいね」

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.