プレミアリーグプレミアリーグ

17/04/23イブラ、やはり「重傷」とマンチェスター・Uが発表 ロホも長期離脱か

マンチェスター・U(イングランド)は22日(土)、FWズラタン・イブラヒモビッチとDFマルコ・ロホがひざの重傷だと認めた。

イブラヒモビッチとロホは20日(木)のUEFAヨーロッパリーグ(EL)準々決勝第2戦、アンデルレヒトとの一戦で負傷。クラブは重傷で「専門家の診断を必要とする」と発表した。復帰時期については「それらの診断が終わり、治療プランが定まってから」としている。

だが、各メディアはイブラヒモビッチの復帰が2018年になるとも報じており、昨年夏に1年契約で加入した同選手の去就が注目される。アンデルレヒト戦がマンチェスター・Uでのラストゲームとなるかもしれない。

アンデルレヒトを延長戦の末に下し、ELベスト4に勝ち進んだマンチェスター・Uは、準決勝でセルタ(スペイン)と対戦する。

また、プレミアリーグでも4位マンチェスター・Cとは勝ち点4差。消化が1試合少ないマンチェスター・UはUEFAチャンピオンズリーグ出場権を競っており、チーム得点王のイブラヒモビッチの離脱は大きな痛手だ。

一方、ロホの離脱も小さくない痛手だ。DFクリス・スモーリングとDFフィル・ジョーンズも負傷しており、守備陣が緊急事態。23日(日)のバーンリー戦でのジョゼ・モウリーニョ監督の采配が注目される。

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.